治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】

治験の薬剤師として求人を探す方法は?

薬剤師の働く場所として治験という選択肢もあります。新薬の開発や安全性の確認など薬剤師の役割は重要ですので、やりがいを十分に感じることができる職場と言えます。

治験の薬剤師求人を探すなら、なんといっても求人サイトが一番便利です。リクナビ薬剤師なら薬剤師の治験という条件でも求人を探せますし、求人も豊富に揃ってます。登録も無料なので転職活動にはおすすめのサービスですよ。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■誰もが就職活動に利用する大手人材紹介会社・リクルートグループが持つ薬剤師専門求人サイト!
■「未経験可のCRA求人・薬剤師歓迎!」等など、なかなか見つからない求人情報も満載!
■スカウト登録しておけば、CROやSMOから逆指名される可能性もあるかもしれません。



ファルマスタッフ ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■日本調剤グループによる運営だから、薬剤師へのサポートが特に手厚いと評判です。
全国に拠点を持つ為地域に密着した求人情報も多く、近場で治験関係の仕事が見つかるかも。
専任エージェントが面接当日も同行してくれるので、やりにくい交渉なども安心して任せられる。



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■厚生労働大臣許可の薬剤師専門転職支援サイトだから、費用は一切無料!安心感も違います。
公開求人数は1万7000件、加えて質の高い求人内容で治験の求人もカバー!
■「CRC求人、経験・年齢不問」など絞込み条件も充実!年収や勤務形態などからも検索可能!



薬キャリ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
東証一部上場のエムスリーグループ。大手人材派遣会社だから安心して任せられます。
提携人材派遣会社17社全ての求人一括検索が可能!見つけにくい治験業界の求人も見つかるかも。
エージェントのプロフィールや担当先を掲載。気に入ったエージェントを選ぼう!



ファゲット ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
全国規模の求人情報が毎日更新。なかなか見つからない治験業界のお仕事も見つかる!
■転職が成功したら最大で20万円がプレゼントされるというのは「ファゲット」だけ!
■治験業界やMRの非公開求人に強く、その転職ノウハウと対応できるエージェントも豊富



治験業界で働く薬剤師もいる!求人は非公開の傾向!



薬剤師のほとんどは調剤薬局や病院に就職しますが、求人サイトなどを検索すると治験の仕事に募集がかけられているのを目にすることがあります。薬局や病院勤務と比べると認知度の低い治験ですが、具体的にどんな仕事なのでしょうか。

そもそも治験とは「治療試験」を略した言葉で、特に医薬品という治療方法の為に試験を行うことを専門とする仕事です。新しい医薬品を実際に治療薬として世の中へ送り出す前に、その効果の確かさや安全性について十分な確証を得ていなければなりません。まずは動物実験によって効果や安全性が確かめられ、次に健康な人の体でそれが安全かどうかを確認します。その後、実際に該当する疾患を持つ患者さんにその薬を使用してもらうことで、その病気に対して有効な薬であることを証明しなければならないのです。

こうして効果と安全性の確証を得られた新薬は、その試験結果をまとめた書類と共に厚生労働省に提出され、審査を受けて晴れて新しい医薬品として承認されることになるのです。この一連の課程の中の、人に対して行う試験のことを治療試験、略して治験と呼んでいるわけです。この治験は厚生労働省が定めた法律と国際的なルールにのっとって行われています。

この治験に携わるのは製薬会社から依頼を受けた医療機関ですが、それを支援する形で治験に関する各種の手続きや治験業務を行うのがSMOと呼ばれる機関で、ここで働く人をCRC(治験コーディネーター)と言います。一方製薬会社と契約し医薬品開発に関する様々な業務を支援する機関がCROで、ここで働く人はCRA(臨床開発モニター)と呼ばれています。そして薬剤師や看護師にはCRCやCRAとして活躍することが期待されているのです。

治験の仕事はこのような特殊な仕事であることから、そこで働く薬剤師にもある程度のスキルや経験が求められています。実際、治験業界の求人のほとんどは臨床経験のある薬剤師、と条件が付けられていることが多く、その専門性の高さが伺えます。従って、治験業界は病院や調剤薬局などとは違い、新卒者ではなく既に病院などで経験を積んだ転職者にスポットが当てられている特殊な業界なのです。治験業界に関する求人情報は薬剤師専門の求人サイトに多く、この方面への転職を考えている人は是非とも活用して欲しいツールです。しかも公開求人ではなく非公開求人がほとんどなのでまずは上記のランキングのサイトに登録をするのがファーストステップです。

治験薬剤師として働く事例は?



CRCやCRAといった治験業界で働く薬剤師の殆どは、正社員として働いています。ここでは治験薬剤師として働き方の事例をいくつか紹介します。

<■CRCとして医療機関で働く場合>
まず正社員として働くCRCの場合ですが、その雇用者となるのは治験を実施する医療機関そのものか、あるいはそれを支援する機関であるSMOのどちらかです。病院の場合はその中でも普段は薬剤師や看護師として働いており、治験の依頼があった時だけCRCとして働くというパターンと、治験専属スタッフとしてCRCの業務のみを行うというパターンとがあり、後者は特に治験だけを専門的に行う医療機関であることが殆どです。いずれにしてもその医療機関に正社員として雇われていることになり、雇用条件はその病院の基準にのっとったものとなります。

<■CRCとしてSMOで働く場合>
一方、SMOで正社員として働く場合、当然のことながらその雇用者はSMOの各企業ということになり、仕事内容はCRC業務のみとなります。雇用条件は各企業によって多少異なりますが、勤務時間は9時〜18時で残業なし、土日祝日は原則休み、夏季・年末年始の休暇や有給休暇有り、といった条件が一般的なようです。

<■CRAとしてCROなど働く場合>
正社員のCRAとして働く場合、その雇用者は製薬会社か治験において製薬会社を支援する機関であるCROと呼ばれる各企業のどちらかになります。しかし製薬会社では人件費削減の為に専門的にCRAを採用することが少なくなっており、治験に関してはCROに依頼するという形をとることが多くなっています。そのCROには製薬会社から治験を受託し社内で業務を行っていく受託型と、各製薬会社へCRAを派遣してそこでCRAは薬会社のスタッフと共に業務に携わる派遣型とがあります。今のところCRO企業の殆どは、受託型となっているようですが、いずれにしてもCRAの雇用者はCRO企業ですので、その勤務条件もその企業の基準に則ったものになります。

治験業界で正社員として働く場合にはこのようなスタイルになりますが、まずはリクナビ薬剤師などに相談することから始めましょう。経験によっては年収1,000万以上が見込める求人など幅広い求人に出会えるでしょう。

治験業界に強い薬剤師転職エージェント3選



治験薬剤師に強い代表的な転職エージェントはいくつかありますが、ここでは「治験業界に強い薬剤師転職エージェント3選」ということでご紹介します。

1つ目は上記で取り上げたリクナビ薬剤師です。リクナビ薬剤師は日本を代表する転職エージェントの1つである、リクルートが運営している薬剤師の転職エージェントサービスになります。このリクナビ薬剤師を治験薬剤師が転職する際に活用するメリットは複数あります。求人数が多いことや、治験企業とのパイプが強固であることは言うまでもないですが、実はリクナビ薬剤師では、最短で3日という短い期間での転職も行っているほどのスピードのある対応が可能なのです。なるべく急いで薬剤師として転職をしなければならなくなった時には間違いなく役に立つエージェントになります。

2つ目はファルマスタッフです。ファルマスタッフは東証一部上場している薬剤師専用の転職エージェントです。ファルマスタッフは、年収600万円以上というような薬剤師としての良い条件を提示している求人が多数あることや、全国15箇所に営業所を構えていることで、どのようなエリアにおける転職活動でも対応が可能になっており、治験の求人探しにも力になってくれます。ファルマスタッフならではの特徴がありますので、転職の際にはリクナビ薬剤師などと合わせて活用するとより効果的になります。

3つ目はマイナビ薬剤師です。マイナビ薬剤師は、薬剤師の転職支援サービスの中でも特に優秀なサービスの1つで、実際にこれまで5年連続で利用者の満足度がナンバーワンという圧倒的な実績を誇っています。そんなマイナビ薬剤師は治験薬剤師の求人を持っていることはもちろんですが、現場で働いている現役の薬剤師の方からも情報を収集しているためより、役に立つ情報を得られるという強みもあります。

これら3つを含めて上記のランキングを参考に薬剤師転職エージェントを選びましょう。


Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.