治験薬剤師の面接対策

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師の面接対策

治験薬剤師の面接対策

治験業界に限らずどの業界でも採用にあたっては面接を行うものですが、特にCRCやCRAといった仕事の場合、面接による評価が重視されます。というのもCRAは治験内容について分かりやすく関係者に説明し、それがその通りに行われていくよう管理する為にコミュニケーション能力が不可欠であり、CRCに至っては直に患者さんたちと接し信頼関係を築きながら仕事に当たっていかなければならず、CRA以上に高いコミュニケーション能力が求められるからです。

コミュニケーション能力に関しては履歴書や採用筆記試験だけでは推し量ることができませんから、面接の際の受け答えの仕方でその能力を観察するわけです。特に今まで調剤薬局などで働いてきた薬剤師の場合、狭い職場内でそれ程コミュニケーション能力が求められなかったかもしれません。面接官もその点が気になるため、今後CRAやCRCとしてやっていけるかどうかをさりげなくチェックすることでしょう。

それではどのようにコミュニケーション能力をアピールすることができるのでしょうか。まず社会人として当たり前のことですが、相手の顔を見てなされる質問に対して的確に、ハキハキと答えていくことが大切です。明るい表情で会話内容によって時折笑顔を見せることも好感度を高くします。これは実際に患者さんに治験について説明し安心してもらうためにも欠かせないコミュニケーション技術になるでしょう。この点緊張してしまうとどうしても表情が硬くなってしまうので、緊張しやすい人は良く練習しておく必要があるかもしれません。

また面接では単にコミュニケーション能力だけが見られているわけではありません。そこで働きたいという熱意や今後どのように働いていこうと思っているのか、薬剤師のスキルをどのように活かすつもりなのかなどが問われることになります。これらに的確に答えていくためには、まずCRAやCRCといった仕事がどのようなものであるかをきちんと把握しておく必要があるでしょう。まさか全く何も知らないまま転職を希望するということはないでしょうが、曖昧なイメージのまま面接に臨むとその熱意や意欲が疑われてしまいます。ですから積極的に情報収集を心がけ、自分の立場からどのようにこの業界に貢献していけるかを予め良く考えておきましょう。これは志望動機を語るためにも必要なことです。アイデアが上手くまとまらないなら、転職エージェントの助けを求めることもできるでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.