治験薬剤師の志望動機

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師の志望動機

治験薬剤師の志望動機

新卒者とは異なり、薬剤師が新たに治験業界に転職したいという場合、雇う側として気になるのは転職理由、志望動機です。何と言っても今まで勤めてきた職場を辞めてまでこちらで働きたいと言うのですから、その理由や動機を知りたいと思うのは当然でしょう。それによって今後長く勤め続けることができるか、またどれ程やる気があるのかを、ある程度見定めることもできます。その為転職を決意した理由や治験業界を選んだその志望動機については必ず問われることになりますし、その際に上手く答えられないようでは雇いたいという気にはなれず、採用は見送り、となってしまいます。では薬剤師がCRCやCRAといった治験業界への転職を希望する、どんな理由が挙げられるでしょうか。

ポイントは、薬剤師の仕事にはない、CRCやCRA特有の仕事内容に注意を向けることです。例えば今まで調剤薬局で働いていた場合、訪れる患者さんの為に薬を調剤し、カウンターで服薬指導することのみがその仕事内容の殆どです。自分が調剤した薬を実際にどのように患者さんが服用し、治療効果を得たかについては分からずじまいになってしまいます。また患者さんとは殆ど一期一会の状態になり、深く関わることはありません。

一方、CRCやCRAといった仕事は被験者という形で患者さんと深く係わり合い、服薬結果について事細かに観察していくことができます。特にCRCの場合は被験者との関わりは非常に深く、強い信頼関係の中で治験を継続していかなければなりません。時には患者さんのもとを訪れて必要な服薬指導や生活指導をする必要もでてきます。こうして患者さんが薬によって回復に向かっていくのを見ることができるのも、調剤薬局では味わえない満足感となります。

また病院薬剤師として働いていた場合、すでに臨床経験があり治験の現場に近いことをアピールしながらも、新薬の開発そのものに関わることのできる治験業界で、より社会的貢献度の高い仕事がしたいということを志望動機として挙げることもできるでしょう。臨床と薬の研究という2つのフィールドに同時に関わることができるのも、治験業界ならではです。薬剤師として自分が既に持っている知識や経験をこの業界で活かしたいということをアピールしつつ、これらの点を熱意を持って語るようにしましょう。勿論思ってもいないことを志望動機として語るのではなく、あくまで実際に自分が魅力を感じた点を上手にまとめる必要があります。この点転職エージェントに相談すれば力になってくれるはずです。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.