治験薬剤師の履歴書・職務経歴書

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師の履歴書・職務経歴書

治験薬剤師の履歴書・職務経歴書

治験業界に関わらず、どんな求人でも必ず履歴書の提出が求められますよね。また転職の場合履歴書と一緒に職務経歴書も持参するように、あるいは添付して送るようにと指示されることがあります。履歴書や職務経歴書の目的は勿論応募者の学歴や職歴、スキル、資格などを見るためのものですが、それ自体がその職場へ転職したいという熱意や誠実さを物語るものともなるため、書き方には注意が必要です。実際、資格も経歴も同じようなものなのに、履歴書や職務経歴書の書き方一つで一方は書類選考を通過しもう一方は落ちてしまうということがあり得るのです。

ではまずは履歴書の書き方から見て行きましょう。まず学歴ですが、これは最終学歴だけでなく高校卒業後から書き出すのが一般的です。CRCやCRAといった仕事は例え他分野であっても実務経験を重視しますから、職歴は具体的に書くようにします。病院薬剤師であった人はその処方箋科目、管理薬剤師として働いていたのであればその点まで記入してください。資格欄には当然薬剤師国家資格取得とその日付を記入しますが、その他にも英語やパソコンスキルなど持っている資格は全て挙げておきましょう。最も最後尾にある志望動機や自己PR欄ですが、実は最も大切な欄でもありますので、簡潔かつ具体的に書いてください。あくまで簡潔に、詳しいことは面接の時にしっかり語れるようにしておくのがベストです。

次に職務履歴ですが、ここでは履歴書では箇条書きにした職歴を更に細かく記入していきます。働いた企業や病院ごとにまとめて、その企業内や病院内での移動・転属との違いを分かりやすくすると良いでしょう。また1日の処方箋枚数やチーム人数、担当した患者さんなどの具体的な数値を上げておくとイメージしやすくなるのでお勧めです。基本的に職務経歴書はA4で2枚程度にまとめると短すぎず長すぎず、丁度良いボリュームになります。職務内容について色々と付け足したい情報があるかもしれませんが、長くなりすぎないように、これも詳しくは面接の際に語れるように準備しておきましょう。逆に短すぎる場合には勤務した薬局や病院の規模などを書き足すと良いかもしれません。

履歴書、職務経歴書いずれにおいても、丁寧な読みやすい字で書くのは必須です。CRCやCRAの仕事には書類作成やその正確さも求められるため、これらの書類でも適正が計られてしまいます。自信のない人はパソコンで作成しても良いでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.