治験薬剤師のやりがい

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師のやりがい

治験薬剤師のやりがい

治験とは安全で確かな効果のある医薬品として新薬を世の中に送り出すために欠かせない仕事。薬学の知識を持ち今まで薬剤師として活躍してきた人でも、その職場の特殊性からこれまで経験しなかったような様々な苦労を経験することにもなるでしょう。しかしそれ以上に薬剤師では得られなかった大きなやりがいを感じることもできます。

中でも医薬品業界という立場から人の命を救うことができるという点に大きなやりがいを感じるという人は少なくありません。今尚、治療法が確立していない病気は沢山あり、特効薬を心待ちにしながらそのような病気と闘う沢山の患者さんがいます。また治療薬はあるものの、副作用も強くそれに悩まされる患者さんもおり、同じ効果を持ちながら副作用の少ない新薬を待ち続けているということもあります。

更には苦痛を伴う手術を避けることのできる薬、早期治療を可能にする薬さえあれば負担はずっと軽くなるのに、と嘆く患者さんや医療従事者たちも沢山います。このような人たちの心や命そのものを救うことができるのが、治験によって送り出される新しい医薬品たちなのです。自分がそのような医薬品の開発に加わり、実際に医療現場で使用され患者さんが救われているという事実を見聞きする時、これ以上はないと言えるほどの感動とやりがいを感じることでしょう。

また、一つの新薬が実際に医療品として使用されるようになるまでには数十年という年月がかかります。治験業界ではこの長い年月を、場合によっては大勢のスタッフたちがリレーのように次世代へとバトンタッチしながら一致協力して、いわば新薬として完成させていくわけです。ですからそれが実現した時には数十年分の達成感を味わうことができます。

またCRCという立場について考えてみますと、CRCは治験に携わる医師と被験者、両方から頼りにされる存在になります。医師はCRCが製薬会社や被験者の間に立って組織的に物事を進めてくれるので、自分は治験そのものに集中することができるわけですし、被験者は服薬指導からその経過、体調など全てをCRCに伝え指示を仰ぎます。このように一つの仕事に関して多くの人に頼られるということもやりがいの一つに挙げられるでしょう。実際、その治験が成功するかどうかは大きくCRCの仕事にかかっているのです。

勿論薬剤師の仕事も人の命を救い、患者さんから頼りにされる大切な仕事ですが、より大きな範囲で命を救い、より大きな達成感を味わいたいと思う場合、治験業界での仕事はそれ以上にやりがいのあるものになることでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.