治験薬剤師の年収・給料

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師の年収・給料

治験薬剤師の年収・給料

薬剤師が活躍する場として特殊ではあるものの、治験業界は最近人気が高まっている職場でもあります。治験とは一言で言えば新薬の効果性と安全性とを確かめるためのいわば人体実験を行う仕事ですが、薬剤師に開かれている門戸としては、CRC(治験コーディネーター)かCRA(臨床開発モニター)があり、それぞれ所属する機関、仕事内容が異なります。そのため、給料や年収にも違いが出てくるので、一言で治験と言ってもどのフィールドで活躍したいのかをきちんと比較考量して決めておく必要があるでしょう。

まず一つ覚えておきたいのは、CRCにせよCRAにせよ、そのために求められる法律的な資格はないということです。確かに医薬品というフィールド上薬剤師の資格が優遇されるのは確かなのですが、薬剤師という国家資格がどうしても必要というわけではないので、その分最初からそれ程高い年収を期待することはできません。例えばCRCの平均年収は、新卒者の場合で270万円、転職者の場合で300万円。全薬剤師の新卒平均年収が350〜400万円であることを考えると、これはかなり低い数値です。しかし経験や実績を積むことでキャリアアップし、それが年収にも反映されるようになるため、順当に昇給していけば年収600万円ほどは期待できるとされています。会社によってはCRC認定資格を取得することを昇給の条件にしているところもあるますし、役職者になれば年収1000万円という場合もあるようですから、初任給は期待できないとはいえ、働き方次第といえるでしょう。

これに対し、CRAの場合はCRCと比べてやや年収が高めに設定されています。初年度の年収でも400万円弱、30代では500〜600万円、40代では800万円の人もいるようです。しかしCRAに関しても、経験と実績を積み重ねることで昇給していきますからこれも働き方次第で、CRCかCRAかの選択そのものが今後の給料に大きな影響を与えるものではないと考えられます。

また薬学の知識を持つ薬剤師を積極的に採用しているとはいえ、他フィールドでの経験ではなくあくまでも治験という分野で経験を積むことが求められるのが治験業界であるため、例え長く薬剤師を勤めてきたといってもそれは然程高くは評価されません。むしろ今後長く勤め上げ治験の専門的な知識を身につけることが高収入の鍵となるでしょう。従って最初は我慢が必要ですが、将来的に高収入の道は開かれていると考えることができるのです。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.