治験薬剤師の自己PR

治験薬剤師求人TOP >> 治験薬剤師の転職の基礎 >> 治験薬剤師の自己PR

治験薬剤師の自己PR

これまで医療現場で働いてきた薬剤師であっても、治験業界への転職なると戸惑いを覚えることは多いでしょう。例えば病院への応募であれば基本的には資格が重視され面接は最後の確認作業といった趣がありましたが、治験業界では面接での志望動機や自己PRを重視する傾向にあります。というのも治験業界は特殊な業界である為、資格は今後の働きにそれほど大きく影響を及ぼすと期待されていないからです。勿論薬学の知識を持つ薬剤師は転職者として歓迎されますが、その肩書きだけで今後自社で活躍してくれそうだと判断するには材料不足なのです。

ですから面接の際の自己PRは非常に大切です。ではどのように自己PRすれば良いのでしょうか。自己PRの最終目的は前述の通り「我が社で活躍してくれそうだ」と思わせることですが、そのためにはその判断材料を増やしていく必要があるわけです。つまり薬剤師という肩書きの上にこれまで培ってきたスキルや経験を積み上げていくのです。それでまず、自分の経験やスキルを洗い出してみましょう。その中から自己PRになりそうなものをピックアップしていくわけですが、肝心なのは治験業界にも必要とされるスキルや経験を選ぶことです。

例えばこれからもどんどん進歩していく治験業界においては、新しいことを積極的に学び吸収していくことが求められますから、向上心があり常に学び続けることに努力を傾けながら働いてきたことは自己アピールになります。あるいはCRCの場合は特にコミュニケーション能力が求められますから、そのような点も積極的にアピールできるでしょう。但し、単に「向上心があります」「コミュニケーションには自信があります」だけでは説得力がありません。

具体的にどのようにこれまでの仕事でそれらの特質を発揮してきたかを説明する必要があるのです。例えば「院内外で開かれる任意の勉強会にはいつも参加してきました」「患者さんからは説明が分りやすいと喜んでいただき、ドクターからもこの点を信頼していただいていました」と具体的な例を織り交ぜてアピールする方がずっと説得力がありますよね。面接官としてもその働きがイメージしやすくなり、自社での働きぶりも予想しやすくなります。

今まで薬剤師として働いてきたのであれば、必ず何かしらアピールできるポイントはあるはずです。しかしどうしても自分で思いつかないのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。プロである彼らは必ず治験業界にアピールできるポイントを掘り出してくれるはずです。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.