20代の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 20代の治験薬剤師求人

20代の治験薬剤師求人

一般に若ければ若いほど転職には有利と言われています。確かにそれはその通りで、40代より30代、30代より20代の方が新しいことを吸収しやすく、同じ未経験者なら若い方が直ぐに仕事を覚えて職場にも馴染みやすいものです。これは治験業界にも言えることで、そのためCROやSMO企業の中には「35才までの薬剤師または看護師」などといった条件付で募集をかけているところもあります。

しかし20代の転職の場合に覚えておきたいのは、転職理由について納得のいく説明ができるようにきちんと準備しておくということです。というのも薬剤師が実際に国家資格を得て働くのは、早くても23〜24才ということになりますから、そこからすぐ、20代のうちに転職となると、何故そんなに早くに転職を決意したのかが雇う側にとって気になってしまうでしょう。「飽きっぽくて長く続かない性格なのでは?」「協調性がなくて前の職場で嫌われたのでは?」などと疑われてしまうと転職は難しくなってしまいます。それで20代の場合は特に、前向きで納得の行く転職理由を準備しておかなくてはならないわけです。従って、CRCやCRAの仕事がどんなものであるかを把握した上で、自分にとって以前の職場を辞めてまで足を踏み入れたい職業であることを上手く伝えられるようにしましょう。

この点を注意してれば、年齢的に言って20代の薬剤師は治験業界への転職に有利です。薬剤師として、また社会人としての経験が少ないことなどそう不利には働きません。そもそもCRCやCRAの仕事はそれまでの経験がモノを言うのではなく、就職後働きながら経験を積んでいくものだからです。そうであれば、前述の通り若く柔軟なうちに採用し、立派なCRCやCRAとして育て上げ今後長く働いてもらう方が企業側にとっても益になるため、転職成功の確率はグッと高まります。実際、CRCの平均年齢は20代後半〜30代前半と言われています。

このように、転職には有利な20代薬剤師ですが、そうは言ってもまだまだ求人数そのものがそう多くはない治験業界ですから、条件に合った企業の求人を探すには求人サイトを利用する方が効率的です。特に薬剤師専門の求人サイトなら、治験の求人も見つけやすいでしょう。またCRCやCRAへの転職のためのセミナーを開催していることもあり、登録することで参加が可能になります。ある程度治験業界の知識をつけた上で転職活動をすれば、それだけ更に有利になるでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.