30代の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 30代の治験薬剤師求人

30代の治験薬剤師求人

薬剤師に限らず30代で転職を考える人は多く、その理由として今の仕事のマンネリ化や一向に待遇が良くならないことへの不満、また女性であれば結婚や出産によって家庭と仕事との両立が難しくなることなどが挙げられます。特に薬剤師の場合、30代に入るとそこで昇給が止まり、年収が横ばい状態になってくることが多く、経験やスキルを積んでいるのにそれが給料に反映されない点を不満に感じるようです。

また調剤薬局などでは毎日同じ作業の繰り返しであり接する人も毎日決まった人という小さな職場環境に不満が募りだす時期が丁度30代にあたるようです。従ってより昇給のチャンスがあり、患者さんとのふれ合いも多く、尚且つ新薬を世の中に送り出すという非常にやりがいのある仕事ができる治験業界で、CRCやCRAとして働きたいという薬剤師が増えてくるのです。

しかし薬剤師という資格はあっても治験業界では全くの未経験である場合、30代で新たに採用してもらうことは可能なのでしょうか。確かに治験業界における転職は特に若い方が有利とされており、年齢だけでいえば30代より20代の方が有利になりますが、30代ではもう遅いというわけではありません。CROやSMOの求人では30代までを募集条件にしているところも少なくないので、まだ30代半ばまでは十分間に合う年齢ということになります。

30代後半になってくるとやや不利にはなりますが、それでもまだまだ働き盛りですし、これから新しくCRCやCRAの仕事を覚えていく意欲と熱意を見せれば、採用してもらうことも可能でしょう。むしろ30代は20代と比べると社会人としての基本的な常識や仕事の進め方、人間関係の築き方などを身につけている年齢なので、未経験であってもある程度の即戦力になり得るとみなしてもらえるかもしれません。

ただ、これまで薬剤師として培ってきた経験やスキルがそのまま治験業界で活かせるわけではないため、未経験者の場合転職した時点で新人の状態に戻ってしまうことになります。つまり初年度の給料は以前より低くなってしまう可能性もあるということ。この点少しの辛抱が必要ですが、後に順調にCRCやCRAとしての経験を積んでいけば、昇給し薬剤師の頃よりも年収が上がっていくと期待できます。勿論これも転職先の企業次第ですが、この点もきちんと転職エージェントに伝えておけば、給与面でも満足の行く求人情報を紹介してもらえることでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.