40代の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 40代の治験薬剤師求人

40代の治験薬剤師求人

薬剤師から治験業界への転職を考えるなら、若ければ若いほど有利です。実際治験業界の平均年齢は20代後半〜30代前半と言われており、仕事を覚えるのにも職場になれるのにも有利なこの年代が採用されやすいのも当然でしょう。逆に言うと、40代になってからの転職はかなり不利であり、難しくなってしまいます。例え柔軟性があって新しい仕事を覚えるのが早くても、新人の間は研修と並行して慣れない仕事をこなしていく必要があり、ハードなスケジュールに気持ちはあっても体が付いていかなくなることもあるでしょう。また40代まで薬剤師として勤めてきたのであれば、スキルと経験を積んである程度のポジションにいるため、辞めることでそれまでの職場に大きな穴が開いてしまうことを考えると、そこまでして転職すべきかどうか迷ってしまうかもしれません。

このように、採用する側にとっても転職希望者本人にとっても転職のハードルが高くなってしまう40代ですが、それでも治験業界への転職が全く不可能というわけではありません。現時点では経験者の絶対数が非常に少ない治験業界において、短期間でも治験に関係した仕事をしていたのであれば40代であっても採用される確率は高くなりますし、治験業界ではなくても病院勤務で患者さんたちとの接触が多かった薬剤師ならその点が買われる可能性もあります。そもそもCROやSMO企業の中には年齢制限を45才まで広げているところもあるので、そのような求人を探せば転職可能性は更に高まるでしょう。

この点が治験業界のメリットとも言えるところで、調剤薬局やドラッグストアなど既に人手が足りている職業とは異なり、未だに人手不足であることから、多少年齢層を上げてでも優秀であれば人材を確保したいと考える企業も少なくないのです。それで豊富な薬学の知識と経験を持っていることをアピールすると共に、今後新たな治験という分野でもどんどん知識を吸収し経験を積んでいきたいという意欲と熱意を見せれば、採用してもらうことも十分あり得るわけです。

ただ、そもそもCRCやCRAの求人情報というのは他の業種と比べると見つけるのが難しいため、40代というやや不利な立場から考えても転職エージェントの力を借りる方が良いでしょう。年齢制限がゆるい求人情報を紹介してもらえるだけでなく、効果的な自己アピールの方法を教えてもらったり、自分の強みを応募先の企業に積極的にアピールしてもらえるかもしれません。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.