50代の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 50代の治験薬剤師求人

50代の治験薬剤師求人

一般的に言って、50代が転職を希望する場合、大抵は勤めていた職場からリストラに遭って転職を余儀なくされたというパターンが殆どでしょう。この場合在職中に次の転職先を見つけることができないこともありますが、こと薬剤師の転職に関してはそのような心配はありません。というのも、薬剤師という職業自体リストラが殆どないため、自分から辞めない限りは仕事を続けながら次の転職先を探すことが可能だからです。言うまでもないことですが、50代からの転職はそう簡単なことではありません。直ぐに見つかる可能性は低いので、できれば在職中に転職活動に入ることで、収入を確保しておく方が賢明でしょう。

これは治験業界への転職を考えている薬剤師にも言えることで、50代という年齢からCRCやCRAへ転職するのは非常に難しくなります。治験業界が新たに転職者を採用する場合、年齢制限は高くても40〜45歳までとなっていて、50代の採用枠は基本的に用意されていません。これは当然と言えば当然のことで、特殊な仕事であるCRCやCRAは、専門的な知識と経験からくるノウハウが必要とされる為、新たに未経験者を採用する場合、研修期間を含めて数年間の育成期間が必要となるからです。そうしてようやく即戦力となったところで後数年で退職年齢に達してしまう50代では、採用する側としても二の足を踏んでしまいます。従って、治験業界では特に20代〜30代前半を積極的に採用し、その育成にあたるわけです。

しかし50代での転職が全く不可能というわけでもありません。54才でCRCに採用されたという例もあるのです。ただしそれはもともと治験に関係した職業の経験者である場合で、例えば病院薬剤師として治験の現場にも携わったことがある場合に即戦力になり得るとして採用される可能性もあるということ。全くゼロの状態から転職するにはやはりそれなりの妥協や助けが必要でしょう。例えば正社員にこだわっているとなかなか求人を見つけることができないかもしれません。その場合パートやアルバイトにまで視野を広げてみる必要がありますし、医療関係に特化した派遣会社に登録し、派遣社員として働くことも考慮に含めると治験業界の求人が見つかるかもしれません。

また一人で転職活動をするよりも、求人サイトに登録し、エージェントの力を借りる方がずっと可能性が高まります。50代という年齢的に不利な条件でも、転職のプロである彼らなら独自の情報網とノウハウで不可能を可能にしてくれるかもしれません。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.