CRA(臨床開発モニター)の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> CRA(臨床開発モニター)の治験薬剤師求人

CRA(臨床開発モニター)の治験薬剤師求人

治験業界の中でも、製薬会社側の立場から治験にあたる医療機関との間に立って治験に関する業務を代行するのがCRO。CROの受け負う業務の中でも中核をなすのが臨床開発モニター、CRAの仕事です。従って、薬剤師から治験業界への転職を目指す人の多くは、このやりがいのあるCRAを希望する人が少なくありません。

CRAの主な仕事内容は、製薬会社が依頼した新薬の治験が、医療機関において適正に実施されているかを監視するというものです。具体的には、まず治験前の段階として医療機関への説明会においてその実施計画や詳細を確認し、治験実施の契約を結ぶこと、治験薬を交付しその魅力を医師やCRCに伝えることなども仕事に含まれます。治験実施中は治験が実施計画に沿って行われているか、GCPを守って適正に行われているかを定期的にチェックし、進行管理を行い、また正確に症例報告書が作成されているかを確認し、不備があればCRCに対して指導を行います。治験が終了すれば担当医師に治験終了を伝え、症例報告書を回収、問題がないかどうかを確認し、治験中に起こったあらゆることを記録するモニタリング報告書にまとめ、製薬会社へ書類と共に結果報告して終了となります。

CRAの仕事はCRCのように患者さんと直接触れ合うわけではありませんが、治験が安全に速やかに行われるために調整する大切な役割を担っており、新しい特効薬を待ち焦がれる患者さんのために新しい道を切り開く重要な仕事である為、一つの仕事が終わった時には何物にも変えがたい達成感とやりがいを味わうことができます。CRAに求められる能力としては、医師やCRCとの情報交換を頻繁に行うためのコミュニケーション能力やカルテを読む臨床・薬学の面での医学的知識、データを収集しまとめる情報処理能力、事務能力、治験とその実施計画やスケジュールについて説明するプレゼン能力、スケジュール管理能力など多岐にわたります。勿論これらはCRAとして経験を積むことで徐々に培っていけるものでもあるのですが、既に医学的知識を持ち医療スタッフとのコミュニケーションにも慣れている薬剤師や看護師は、この点採用の際に優遇される傾向にあるのです。

それでCRAを目指すのであれば、薬剤師専門の求人サイトを活用すると良いでしょう。CRAという特殊な職業に対する求人は大抵能力の高い薬剤師に的を絞って応募を呼びかけたいため、多くのCROは薬剤師専門求人サイトに依頼するからです。また転職エージェントに相談することで、より自分に合ったCRAの求人を紹介してもらうことができるかもしれません。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.