CRC(治験コーディネーター)の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> CRC(治験コーディネーター)の治験薬剤師求人

CRC(治験コーディネーター)の治験薬剤師求人

治験業界へと転職を考えている薬剤師の中でも、治験コーディネーター、CRCを目指している人が最も多のではないかと思われます。CROで働くCRAやDMの仕事も元薬剤師の経験や知識が活かせる場ではあるのですが、CROが製薬会社側の立場として働くのに対し、CRCは治験を実施する医療機関側の立場から治験をサポートするからです。患者さんともっと触れ合う仕事がしたい、新薬を世の中に送り出す仕事にもっと直接的に関わり合いたいと思う薬剤師にとっては、CRCは非常に魅力的な職業と言えるでしょう。

そのCRCの具体的な仕事内容ですが、まず治験の準備として、治験実施計画書を把握し概要やスケジュール、検査項目などと共に治験を実施する担当医師やスタッフたちに対してそれらの説明を行います。また被験者となる患者さんを選定、説明をし同意を得ることも重要な仕事になります。治験中は患者さんの症例報告書のチェック、薬剤師や臨床検査技師、放射線技師たちスタッフとの調整、そして患者さんの経過観察・服薬指導・相談窓口として働きます。また治験中に好ましくない症状が出た場合にはそれにも対応しなければなりません。

このように治験に直に携わる必要のあるCRCは、それだけに特殊な能力やスキルが求められます。まず医師と専門的な話をしながら仕事を進めていくための医学や薬学の専門知識は必須ですし、治験は薬事法規やGCPに則って行われなければならないため、これらの知識も身につけていなければなりません。また報告書作成や経理処理も行う必要があるため、事務処理能力とパソコンスキルも求められることになります。何よりもCRCは患者さんに対して治験や副作用の危険性などについて分かりやすく説明し、患者さんの不安や精神的負担を取り除くメンタルケアも求められるため、優れたコミュニケーション能力がなくては仕事になりません。またこれらの仕事をこなしていくための判断力や調整力、折衝力も必要になるでしょう。

これらの点から見ても、経験を積んだ薬剤師は他の職業よりもCRCに近い能力を既に身につけていると考えられるため、薬剤師専門の求人サイトなどに依頼し、適任者を紹介して欲しいと依頼しているSMOが少なくありません。それでCRCを目指すのであれば、まずは薬剤師専門求人サイトに登録しておきましょう。非公開の求人情報を閲覧できるようになるだけでなく、予めこちらの条件をエージェントに伝えておけば、自分に合ったCRCの求人を紹介してもらえるかもしれません。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.