CRO勤務の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> CRO勤務の治験薬剤師求人

CRO勤務の治験薬剤師求人

治験業界への転職を希望する薬剤師の中には、業界の中でも特にCROに関心があるという人もいることでしょう。CROとはContractResearchOrganization、日本語では開発業務受託機関と呼ばれます。もともと日本において治験という分野はまだ日が浅く、治験の基準がしっかりと確立されたのは1997年のこと。それ以前にも欧米では既にCROの需要は高く多くの機関が活躍していたのですが、日本ではこの1997年以降からようやくCROの役割が注目されるようになり、多くの機関が設立、運営されるようになりました。

そんなCROが治験において果たす役割とは、一言で言えば製薬会社が開発した医薬品の治験業務を代行すること。治験そのものは医療機関が行うわけですが、その医療機関と製薬会社の間に立って本来なら製薬会社が行うべき治験に関連する業務を代わって行うということです。具体的には治験を実施する医療機関や責任医師の選定、治験の計画書とスケジュールの作成、被験薬のデータや契約条件などの確認を行ったり、また治験中は治験実施計画書や実施基準通りに進められているかといったことを定期的に確認するモニタリング業務にあたります。治験終了後はその記録を確認、データを回収し報告書として電子データ化させるデータマネジメントを行い、こうしてまとめられたデータと共に、依頼者である製薬会社へ治験の結果を報告するのです。

これらのCROの仕事を業務別に大きく分けると、モニタリング業務、登録データセンター業務、品質管理業務、データマネジメント業務、メディカルライティング業務、薬事コンサルティング業務の5つに分けることができますが、これらのうち薬剤師からの転職者の場合モニタリングを行うCRAかデータマネジメントを行うDMとして採用されることが殆どでしょう。中でもCRAの行うモニタリング業務は業務全体の約半数を占める非常に重要度の高い業務であり、治験を円滑に進めていくためには欠かせない仕事です。高い専門性が求められ難しい仕事でもあるのですが、それだけにやりがいの大きい仕事でもあります。

前述のように日本では治験の基準が確立されて以降CROも数多く設立されてきましたが、それでも他の職種と比べるとまだ数が多いとは言えません。従ってCROへの転職を希望する場合には、1社1社に対してしっかりとした事前準備が必要になるでしょう。またそのような数少ない求人を探すには、求人サイトから非公開求人を検索していくというのも有効な方法です。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.