派遣の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 派遣の治験薬剤師求人

派遣の治験薬剤師求人

薬剤師が治験業界への転職を考える場合、大抵治験を請け負う医療機関やSMO、CROといった企業の中から正社員の求人を探すことと思います。しかし中には子育てなど家庭の事情で正社員として働くことが難しい人もいることでしょう。そのような場合にお勧めなのが、医療系の職場に特化した派遣会社に登録し、そこから派遣社員として働くという方法です。ご存知の通り、派遣という働き方はやや特殊なもので、実際の仕事に関する指示は派遣された医療機関や企業から受けますが、給料に関しては雇用契約を結んだ派遣会社から受けることになります。大抵就業期間は限定的で、職場に束縛されないことがメリットです。

派遣会社からCRCとして派遣される場合、その派遣先は治験を行う医療機関かその医療機関をサポートするSMO企業のどちらかになりますが、基本的に医療機関自体が直接派遣会社へCRCの派遣を依頼することは稀で、大抵の場合病院内の看護師や薬剤師から治験に当たるスタッフを募るか、あるいはSMOにCRCの派遣を依頼するというパターンが殆どです。従って、派遣CRCが多いのは、医療機関よりSMOということになります。但しここで気をつけたいのが、「二重派遣の禁止」という派遣法です。つまり派遣会社からSMOの企業へ派遣されたCRCが、その企業から更に医療機関へ派遣された場合、それは法律違反ということになってしまうのです。しかしSMOと医療機関との間の契約が派遣契約ではなく業務委託契約であるならば、それは二重派遣とはなりません。従って大抵の企業はこのような処置をとって派遣を採用しているようです。

また派遣法でもう一つ気をつけたいのが、派遣社員による医療業務の禁止です。つまり派遣社員は医療に関係する業務に携わることができないため、例え薬剤師や看護師としての資格を持っていても採血などの業務を行うことができません。勿論CRCには医療行為にあたらない仕事も沢山あるのですが、忙しい現場で医療行為だけを避けて業務にあたらせるのが難しい場合も少なくありません。従って、この点を解決すべく、「紹介予定派遣」という形で派遣を採用しているところが多くなっています。紹介予定派遣とは、派遣期間終了後正社員として採用することを前提とした派遣制度で、この場合は医療行為を含むCRCの業務全てを任せることができます。

このように、治験業界では派遣社員が問題なく働けるような処置を取り、積極的に採用している企業が少なくありません。従って、正社員として働くのが難しくても、派遣というスタイルで治験に関わることが可能なのです。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.