病院勤務の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> 病院勤務の治験薬剤師求人

病院勤務の治験薬剤師求人

CRCの主な仕事は治験に当たる医療機関をサポートすることであり、具体的には治験内容を医師やスタッフ、被験者となる患者さんたちに説明したりスケジュールを管理したり、患者さんの体調やメンタル面でのケアをしたりといった事がその主な仕事となります。つまりその職場は実際に治験を行う病院となるわけですが、その所属先はSMO企業である場合もあれば、治験にあたる病院そのものである場合もあります。つまり薬剤師からCRCへと転職する場合には、SMOに雇用してもらうか病院に雇用してもらうかのどちらかになるということ。しかし病院がCRCを求人し雇用するということは比較的少なく、大抵はSMOにCRCを派遣するよう依頼することが多いようです。従って、CRCへの転職を積極的に採用しているのはSMO企業ということになります。

とは言うものの、病院側でCRCを雇用することは決してないというわけではありません。特に治験の依頼を受けることの多い大学病院などではそのためのCRCを常時必要とする場合もあり、いちいちSMOへ依頼するよりも病院内にCRCを常駐させておく方が良いと考える病院もあります。あるいは治験だけを専門的に行う医療機関であれば、欠員が出た場合や治験業務の増加に伴って新たにCRCを募集する可能性があります。従って、大学病院や治験専門の医療機関の中からCRCの求人を探すと見つかる可能性もあるわけです。

もう一つ、病院勤務のCRCになる方法として、治験を扱う病院の薬剤師として働くという方法があります。それほど頻繁に治験の依頼が来るわけでない病院の場合、普段は一般診療を扱っており、わざわざ治験のためだけにCRCを専属的に雇うことはしません。治験の依頼が来た場合には既に院内で看護師や薬剤師として働いている従業員の中から治験スタッフを募るという形を取ります。従って、普段薬剤師として働きながら、必要な時に院内CRCとして働かせてもらうという方法もあるのです。

しかし前述の通り、病院に勤務するCRCというのはそう多くはありません。CRCとして働かせてもらえそうな病院の求人を見つけるのはそう容易いことではないでしょう。ですから、是非転職エージェントに相談してみることをお勧めします。彼ら独自の求人情報網からCRCを募集する病院を見つけることができるかもしれません。あるいは一般診療も扱う病院で、治験の際には是非CRCとして働かせてもらいたいという旨をきちんと伝え了解を得られるようにサポートして貰うこともできるでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.