アルバイト採用の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> アルバイト採用の治験薬剤師求人

アルバイト採用の治験薬剤師求人

薬剤師、特に調剤薬局やドラッグストアの薬剤師として働いてきた人の中には、パートやアルバイトという形で就業していた人も少なくないでしょう。特に結婚や出産をきっかけにアルバイトとして働くようになったという女性は多く、そのようなスタイルで働くことも可能であるからこそ薬剤師には女性が多いと思われます。従って、治験業界へ転職する場合にもパートやアルバイトという就業形態を望む人もいて当然です。しかし治験業界という特殊な業界にパートやアルバイトという就業形態は存在するのでしょうか。

結論から言うと、数こそは少ないものの、パート・アルバイトとして治験業界で働くことは可能です。そもそもCRCやCRAには資格は必要ありませんから誰でも目指すことが可能なのですが、やはり多少なりとも臨床経験や薬の知識を持つ薬剤師や看護師はそれだけ仕事を早く覚えることができるため、優先的に採用されますし、そもそも看護師や薬剤師のみを募集している場合が殆どです。パートやアルバイトの場合正社員ほど職場に束縛されるわけではありませんが、それでも長く勤め続ければそれなりのキャリアを積むことができますから、治験業界でも必要な存在になり得るわけです。従って、パートやアルバイトという形態でも薬剤師や看護師の転職を受付けている企業や医療機関があるのです。

アルバイトCRCとして働く場合、気になるのは給料ですが、平均すると大体日給で8000円〜1万6000円ほどになるようです。かなり開きがあるように見えますが、これはやはり経験や能力が関係しており、CRCとして質の高い仕事ができるようになれば、日給1万6000円、月給で35万円近くの高収入を稼ぎ出すことも可能になるということです。この点アルバイトの人にもお勧めなのが、CRCの認定資格を取ることでしょう。CRCの認定資格には日本SMO協会公認資格や日本臨床薬理学会認定CRC資格などがあり、2年以上の実務経験があること、協会が定める教育研修を修了していることなどの条件を満たしていれば、誰でも受験することが可能です。認定資格を持っていれば給料面を含め今後アルバイトとして働いていくにあたって有利になります。

しかしそれ程の高収入でないとしても、一般的な仕事の平均から見ると、やはりCRCの給料はやや高い水準を指していることが伺えます。いずれにしても治験業界で長く働き、経験を積んでいけば、例えアルバイトであっても正社員と同じほどの信頼を得、頼りにされることでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.