SMO勤務の治験薬剤師求人

治験薬剤師求人TOP >> 条件別 >> SMO勤務の治験薬剤師求人

SMO勤務の治験薬剤師求人

薬剤師の治験業界への転職先としては、製薬会社やそれを支援するCRO、治験を実施する医療機関、そしてSMOという選択肢もあります。SMOとはSiteManagementOrganizationの略で、日本語では治験施設支援機関と呼ばれ、その名の通り治験を実施する施設つまり医療機関を支援することが主な目的となります。

そもそも治験は世界共通の治験基準であるGCPに基づいて行われなければならないのですが、加えて日本では1997年により厳格な治験基準が設けられたため、治験を行う際にはその医療機関において複雑な手続きや書類の整備・管理が求められるようになりました。このため国内で行うと煩わしいことの多い治験は海外で行なわれることが多くなり、「治験の空洞化現象」が見られるようになりました。これを受けて国内でスムーズに治験が行えるようにするべく医療機関を外部からサポートする機関として誕生したのがSMOです。2003年にはSMO業務が法律上でも正式に認可され、以降数多くのSMO企業が誕生し運営されてきました。

このようにSMOの目的はGCPに基づいた適正でかつスムーズな治験が行われるよう医療機関をサポートすることで、これによって治験を実施する医師や他のスタッフたちの負担を減らし、治験の質やスピードのアップを図ります。主な業務として、担当医師への資料や情報提供・被験者の選定や説明・体調やメンタル管理といった治験コーディネーター業務、治験をはじめるにあたって必要となる書類作成や治験事務局の開設・運営といった治験事務局業務、またIRBと呼ばれる治験審査委員会のための書類作成・運営支援といったIRB事務局業務の3つが挙げられます。

特に薬剤師がSMOに転職する場合、治験コーディネーター業務にあたるCRCとして採用されることが多いでしょう。実際CRCの仕事はSMOの各業務の中でも中核を担うもので、新薬の説明や服薬状況、生活指導などを被験者に対して行い、得られた情報を医師やスタッフに伝えデータを収集・整理して資料を作成していくという仕事は、薬剤師として医療現場で働いた経験のある人にとって、そのスキルの活かせる場所となります。

このように、治験業界において大きな役割を占めるSMOですが、まだその歴史が浅いため他の職種と比べるとまだそれ程多く運営されているわけではありません。国内のSMOは200社以上あるのではないかと思われますが、正確な数は不明です。従って求人情報も、非公開のものまで手を広げて探す必要があるかもしれません。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.