EPファーマラインの薬剤師採用情報

治験薬剤師求人TOP >> 人気 >> EPファーマライン

EPファーマライン の薬剤師採用

EPファーマラインでは、薬剤師の経験のある方を2つの職種で募集しています。

1つ目の職種はメディカルコミュニケーターです。メディカルコミュニケーターとは、日本で事業を展開している大手の製薬会社のくすり相談室や国内にある医薬情報センターで働いているスタッフの方からの、医薬に関するような問い合わせに対応する仕事を行う職種です。問い合わせの内容はもちろん、医薬などの専門的な知識を必要とするものなので、薬剤師の経験がある方が出来る仕事となっており、実際にEPファーマラインでは薬剤師の資格を応募の最低条件としています。このメディカルコミュニケーターの勤務地に関しては、募集されているEPファーマラインの支社のあるエリアになりますが、現在では本社の池袋がメインの勤務地となっていることが多いです。

給与に関しては年俸制を採用しており、薬剤師としての経験などを元に年俸を決定しますが、平均して380万円から600万円となります。社会保険に関しては一般的な企業でも加入することになっている各種保険が用意されており、手当に関しては通勤手当が月額で15万円まで支給される形です。福利厚生としては退職金制度や事業所内託児所の利用などが用意されています。ちなみに1日の勤務時間に関しては朝の9時から夕方の6時までが基本となっており、残業はほとんどありません。プライベートを充実させたい人には理想の勤務体系となっていると言えるでしょう。

2つ目の職種は学術資材作成です。この学術資材作成とは、資格を保持している薬剤師が薬剤を利用する人たちのために学術資材を作成する職種です。具体的には製薬会社が開発する新薬やジェネリック医薬品に関する資料、例えば、適正使用ガイドやくすりのしおり、MR研修テキストなどを作成するのがメインの業務になっています。こちらの職種に関しても給与は年棒制を採用しており、通常は個人の能力を参考に400万円から600万円の間で給与が決定されます。社会保険や福利厚生に関しては先程ご紹介したメディカルコミュニケーターと同じ内容です。ちなみにこの学術資材作成に関しては、在宅勤務も可能なので、育児や介護などをしていて中々通勤することが出来ないという方には合っている職種となります。この学術資料作成は先程のメディカルコミュニケーターからのステップアップも可能ですので、キャリアプランニングの際の参考にしておくと良いでしょう。

治験薬剤師の求人も豊富!求人サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 治験薬剤師求人ガイド【※求人探し前の要チェックサイト】 All Rights Reserved.